税金対策

確定申告 見直したら還付金ガッポリ

投稿日:2020年3月6日 更新日:

結婚して3年 平成10年4月 新築マンションを購入。

妻と子供3人の5人で平成26年3月まで居住する。

引っ越しを機に平成26年4月からマンションを貸し出すことにする。

広告を出してから数ヶ月で契約者が見つかり、家賃収入を得ることになる。

普段は会社員のため、確定申告とは無縁であったが、不動産所得により(年間20万円を超え)確定申告が必要となる。

不動産の収入は主に

賃貸料 

礼金 

必要経費は主に

減価償却費 ➡ 構築物などの償却費 

借入金利子 ➡ 賃貸している建物を取得するための借入金の利子 

租税公課 ➡ 固定資産税など

損害保険料 ➡ 火災保険

修繕費 ➡ 賃貸している建物等についての修繕の費用

雑費 ➡ 管理会社に払う建物管理費 

などがある。

確定申告申請は自宅で e-tax を使って適当に数字を入力(必要経費等)し申請していた。

管理費や借入金の利子、固定資産税などが含まれるのは知っていたが、減価償却だけは意味が分からなかった。

計算も複雑でよくわからなかったこと たいして納税額も変わらないだろうという理由で必要経費として計上していなかった・・・。 

 

今年も確定申告の時期が近づいてきた。

ふらっと入った本屋さんで確定申告の本を目にする。

軽く立ち読み(駄目よ!)

そこで確定申告は過去5年遡って更生申請ができることを知り改めて減価償却費について見直すことにした。 

今年も e-tax で申請を始める。

毎年の事なので慣れたもの。

しかし今年は違う 減価償却費を入力するのだ!!

本やネットで得た知識で入力を済ませる。(分からないことは税務署に聞きに行きました^^;)

すると今まで納税していたのが今年は還付!!!! 

うれぴーー

しかも数万円!!!!

これは過去分も更生申請しないと損、損、損

過去5年のデータを引っ張り出し申請完了!

H27年 11万円還付

H28年 3万円還付

H29年 5万円還付

H30年 6万円還付

R元年 5万円還付 

皆さんも是非、面倒くさがらずに見直してみましょう

アドセンス336*280




アドセンス336*280




-税金対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした

自己紹介

こんにちは管理人のルフィです
兵庫在住の会社員
40代男子
既婚
趣味:サーフィン、バイク
座右の銘:億万長者になる

AMAZON